イタリアンの楽しみ方

イタリアンの楽しみ方エントリー一覧

アラカルトの選び方
家族や友人達とイタリアンを食べに行ったら、各自が自分の好みの料理をアラカルトメニューから選んで注文するのがベストです。何回か同じ店に行った事がれば家族や友人達と相談しながら何品かの料理をオーダーしてシェアして食べるのもお互いに色々な料理を楽しめます。夫婦や恋人同士のカップルでしたら「僕は肉料理を食べたいけど、公の好きなものは?」・・・などと二人で仲良く相談しながらメニュー選びするのも外食の楽しみの一つです。イタリアンのアラカルトには肉系のメインディッシュと魚貝類系のメインディッシュが有りますので...
アラカルトメニューでの注文の仕方
親や子供入った5〜6名の家族でイタリアンを食べに行く時にはアラカルトで各自の好きな料理を注文して皆でシャアして食べるのも楽しい家族の団らんになります。この時の注文の仕方で大切なこととしては品数や量の分量が問題です。それぞれが好きな目メニューを勝手に注文したのでは品数も分量も多くなりすぎて余ってしますことになります。そこで注文の仕方のオススメとしては、例えば子供1名を入れて5人の場合は初めに大人は4人になりますが、魚介系のメインディッシュ2人分と肉系のメインディッシュを2人分注文します。その次にパ...
イタリア料理のメニュー構成
少々専門的になりますがイタリア料理のメニュー構成の基本について要点について記しますので頭に入れておくと実際にイタリア料理のリストランテやトラットリアに行った時に便利になります。イタリア料理の一般的なコースメニューの基本構成はドリンクも入れますと次のようになっております。1, Aperitivo(食前酒)2, Stuzzichin(おつまみ)3, Antipasto(前菜)4, Primo Piatto(第一の皿)5, Secondo Piatto(第二の皿6, stagione(季節の料理)7,...
シンプルに楽しめるイタリアン
出会ったばかりの人や、あまり面識のない人とご飯を食べにいくとなった時にはイタリア料理を食べに行くのがおすすめです。あまりお堅い雰囲気の高級店ですと楽しめませんし、イタリア料理ですと適度に気軽で味もはずれがあまり無いので無難ですね。またパスタのようなものだけではなく、野菜たっぷりでヘルシーなものや、魚介類豊富な料理もありますし結構幅が広いです。お酒などとも一緒に飲めますので、料理の組み合わせと合わせれば老若男女誰でもつれていけます。お金もそんなにかかりませんしありがたいです。メニューの豊富なお店を...
イタリア料理を自宅で作る前にプロの味を知る
イタリアンの人気はずっと昔からあったわけではなく、ここ二、三十年くらいで一気に上がってきたと思います。パスタを自分の家で作ったものと比べて、自分の作ったものと変わらないだの、いややはりお店の方がうまいだのいろいろと評価する人もいます。しかしイタリアンのお店は手作りにこだわるお店が多く、市販で売っているソースなどを使って自宅で作ったものとはやはり質が違うと思います。ある程度値段が張るイタリアンのお店が長い間生き残っていられるのはそれだけ、高い評価を受けているからだと思います。イタリアにいったことが...
二次会で調べるイタリアンのお店
パスタと一口にいっても様々なものがあります。自分で自分の味覚に特化したパスタを作るのもいいですね。よくあるミートソースやトマトソースを使ったものもいいですが、魚介類をいれたペスカトーレやオーブンを使ったラザニアなども美味しいです。こういったトマトソースをベースにした料理は簡単にアレンジできて、自宅で作るレベルなら大した手間もかかりません。他にはオリーブ、チーズなどがイタリアンでは多用されます。こういうふうに自分一人や、家族にイタリアンを振るまるのもいいですがやはりたまには外食もしたいものです。イ...
イタリアンの使い分け
恋人との様々な記念日にもイタリアンはおすすめです。人によっては出会った日や、恋人になったきっかけとなった日などを重視する人もいます。こういう人は女性に多く、記念日などを忘れたりするとかなりのマイナスイメージとなります。しかし、多くの記念日を作られそのそれぞれをしっかり祝うということはちょっと難しいでしょう。イタリアンくらいのお店で簡単に祝うぐらいなら、そこまで負担にはなりません。普通に食事をしにいくのと同じですから。フレンチなどは本当に重要な日だけにしておいておきましょう。フレンチは軽い気持ちで...
個室のあるイタリアン
仕事上の接待でよく行くお店というと、どうしても和食となってしまいます。他の洋食のお店に行くこともあるかもしれませんが、全体的に見たときに和食が一番多いでしょう。お酒が飲めるお店で、座敷などで食事を楽しむ場合も多いですね。居酒屋などを使う場合は個室居酒屋なども最近は多いです。あまり他人に聞かれたくない話もするでしょうから、個室か座敷など他のお客さんと離れているのが前提になってきますね。もちろんもっと軽い感じで飲みに行くときはそこまでこだわらないでしょうが、ある程度仕事を進めると決めていくときには上...