イタリアンの歴史

イタリアンの歴史エントリー一覧

日本でのイタリアンの始まり
イタリア料理の店を探す上で大切なことの一つに日本でのイタリアンの歴史について多少でも知識を持ったほうが料理を味わい深く食べられます。現代の日本ではイタリアンは相当に一般の家庭食としても浸透しており、日本人に好まれる西洋食としては群を抜いております。また、日本のどの町に行ってもスパゲッティ等のパスタを中心としたイタリアレストランがあります。中には和風の味付けや食材を上手に利用した本場イタリーにはない日本人のオリジナルイタリアンも普及しております。さて、日本で始めて紹介されたイタリア料理はパスタの中...
日本でのイタリア料理レストランの普及
日本では、1950年にアントニオ・カンチエミというイタリア海軍の最高司令官付きの専属コックが西麻布にイタリア料理の専門店をオープンしたのが本格的なイタリア料理レストランの始まりと言われております。少し遅れて1952年にイタリア人コックのジュゼッペ・ドンナロイヤが神戸に純イタリア料理レストランをオープンしました。しかし、日本人が日本人のための本格的イタリアの家庭料理を紹介したのは六本木のキャンティです。イタリア大使館にいた佐藤益夫をシェフとすることに加えてイタリアに住んでいた経験のあるオーナー夫婦...
日本のオリジナルイタリア料理
キャンティーの出現は芸能人やアーティストたちに広がり、次第に一般の人達も利用するようになって行きました。当時はイタリア料理のための食材が有りませんでしたので、日本の食材を上手に利用することで独特の料理を創作した時代でもありました。オリーブオイルの代わりにサラダ油を利用したり、バジルの代わりにシソの葉を使ったりの工夫の時代でもありました。このことが日本人による独特のイタリアンが創作されて一般庶民の食卓にもイタリアンが浸透する原因にもなりました。当時のキャンティーの名物料理としては「バジリコスパゲッ...
イタリアンレストランのタイプ
1950年代までは少数の先駆者的なイタリアンレストランしか有りませんでしたが、現在では日本全国の何処の町に出かけてもイタリアンレストランがあります。最近では、少し乱立気味で中には経営の困難なレストランも増えており過当競争の感があります。しかも、イタリアンのコックを志望する人達も多くおり、中には本場のイタリアに出かけて現地の有名イタリアンで修行した若者たちもかなりの数になっております。また、イタリア人のシェフたちが日本に来日して開いているイタリアンレストランも相当数に上っています。その様な意味では...
古代ローマからの影響
イタリア人は食べることを人生の最大の目的に上げるくらいに美味しいものを食べることに人生の軸足を置いた民族と言えます。古代ローマ人たちの食事に対する有名な史実として「カサエルの美食」という貴族たちの晩餐会が世界史の事実として知られます。当時の貴族たちは美食に対する欲望が強まり過ぎて、晩餐会で豪華な料理とワインをたくさん食べては吐き出して再び食べるという事を繰り返していたというから驚きです。古代ローマ時代は紀元前600年ぐらいからになりますから現代から考えますと2600年も昔の古い時代に既に美食家が...
イタリアの特徴
イタリア料理の食材で一番の特徴として思い浮かびますのはオリーブオイル、トマト、チーズがあります。トマトがイタリアに入って来ましたのはバスコ・ダ・ガマやコロンブスの大航海時代にアメリカ大陸を発見してからになります。この16世紀時代にスペインの支配下にあったイタリアのナポリに南米から唐辛子やトマト、ジャガ芋が入ってきて食用に栽培されました。パスタにトマソソースが使われだしたのは18世紀頃と言われておりますが、この時代に保存食として乾燥パスタも造られるようになってパスタ&トマトが定着してゆきます。18...